プロフィール

どんきー王子 NEO

Author:どんきー王子 NEO
幸福の科学の元熱烈信者です。
信者20年間の歩みをご紹介(笑)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/18 (Thu) 21:37
小説:ニューヨーク中川タカシ物語

タカシは3流商社に入社しました。

中略

タカシは日本では役立たずではあったが
3流商社では貴重な東大出身のため、温存すべく
ニューヨークに放り出されました。

ニューヨークでの仕事は
朝、テレックスを切って担当に渡す準備と
郵便物の仕分けや
封筒に切手を貼り付ける作業が主な物でした。
たまにジュラルミンを持って
銀行にお金を預けに行く業務など、
アルバイトでもできるような仕事を
こなしていましたが、タカシは満足でした。

しかし、先輩たちは仕事の覚えが悪く
仕事の遅いタカシを迷惑に思っていたので
早く音を上げて辞めてもらいたくて
ニューヨーク市立大学の聴講生として
タカシを追い出しました。
予想通りほとんど理解できず居眠りばかりでしたので
先生も呆れて無視し続けていました。
タカシは自称パーフェクトイングリッシュとは程遠い生活を
ニューヨークで送っていたのでした。

ある日、タカシはニューヨークを歩いていると
彼に話しかけてくる女性がいました。
彼女は「ニンゲンニンハ、チ・ジョウ・イ ガ、タイセツデス」と言い始めました。
タカシは孤独だったので自分に話しかけてくれるその人に興味をもち
彼女について行くと、そこでアダルトビデオを観せられました。
タカシは興奮し・・・・いや、
ビデオの内容は韓国産のT協会のビデオでした。
タカシは引き込まれながら、オレもT協会のような大きな教団を作ったるで!と
興奮しました。
たまたま一緒に捕まっていた板前の兄さんにタカシは
「お前をオレの一番弟子にしてやるから、オレを拝め」と言い放つと
板前の兄さんは「だれがテメエみたいな無能商社マンを拝むかよ!けっ!!」
と言って、タカシを残して怒って帰って行きました。

タカシもそこからひきあげ、興奮がやまないので
アパートにコールガールを呼び、あんな事やそんな事を始めましたが
下の階にいるハーバード大学の学生が頭にきて
ホウキで天井をガンガン叩きました。
タカシはコールガールとの一夜に夢中でそれどころではありませんでした。

さて、こうしてニューヨークで遊びまくったタカシは
もちろん先輩たちの評判も良くなく
早々に日本に返されました。
日本では窓際に追いやられ、自主退社を余儀なくされたのです。

こうしてタカシは会社を辞め教団を立ち上げたのでした。

つづく(気が向いたら)
スポンサーサイト

<< 再放送:連続ブログ小説「タカシとキヨコ」1 | ホーム | 小説:タカシが宗教を興すまで >>

コメント

1. 待望の続編、きた!

どんきー先生、続編お待ち致して
おりました!(笑)執筆中だったのですね。

なるほどなるほど…。タカシの生態が
ありありと目に浮かびます(苦笑)

ニューヨークでもタカシは使えない
男だったんですね…やっぱりな。
続編、楽しみにしてまーす(笑)

2. おもしろい!

あはははは、タカシはナニ書いても笑えますなあ!
普通の人やったら「同情すべき境遇」なんやケド、
普段からイヤミったらしい自慢ばっかりしとるオトコやさかい、
笑いしか起こりまへんですわ!

どんきーはん、どおせ「ウソつき教祖の物語」ですさかい、
もお5~6割ウソ・エピソード入れても全然違和感おまへんで~(笑)!

3. ワロタ

最高!
続き待ってます(^o^)/

4. マジオモロゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"

素晴らしい小説!!!マジオモロゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"続編期待しているよ!!!

5. Re:待望の続編、きた!

>みろさん

お待たせいたしました(笑)
ってか、ちょっと休養をいただいてましたwww
いや、そのPCが壊れてあれやこれやで
ネットにつながらなかったのでね・・・。
スマホだと見えにくくて(笑)

NY時代のタカシをいじってみましたが
たぶん本当にこんなもんなんでせうwww
タカシは話を盛るのが好きなんで(笑)

6. Re:おもしろい!

>2ちゃんねるの使者さん
おおきに(笑)
そうですね、
たとえば、トーメンが潰れたのは
タカシが社員時代に残した負の遺産(債務)だったとか、
そういう話を盛ればいいですかね?(笑)

7. Re:ワロタ

>すいふとさん

あ、続きは気が向いたらです(笑)

8. Re:マジオモロゞ(^o^ゝ)≡(/^_^)/"

>闇の仕事人さん

そう言われると
続きをどんなネタにしようか迷いますね(笑)

9. いやはや

なんとも愉快な小説ですね。
本当にこうだったのではと思わせてくれました。
タカシのことだから白人の美女に圧倒されて
ただ眺めていただけっていうのが
現実でしょうけどね(笑)。
仕事の疲れも吹っ飛びますよ。
ありがとう!!

10. Re:いやはや

>西へ東へさん
いえいえそんなたいそうなものではありませんよww
タカシですから本当に白人女性をみて
ヨダレを垂らして見ていただけかもしれません(笑)

また、気が向いたら書きます~(笑)

11. Re:Re:おもしろい!

どんきーはん、そおそおその辺で・・・。
トーメンNY支社が入っとったツインタワーが崩壊した件は
さすがに書けまへんが、
FAXを物質転送機と思っていたとか、
宴会で堂々と上座に座っていたとか、
泣くタイに夏物・冬物あるんを知らんかったとか、
アメリカでは女性社員にバカにされていたとか、
書類のホチキス止めだけは褒められたとか、
トーメン時代はペーペーなだけに話題豊富だす。
テキトーにハナシを盛っておくれやす(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。