プロフィール

どんきー王子 NEO

Author:どんきー王子 NEO
幸福の科学の元熱烈信者です。
信者20年間の歩みをご紹介(笑)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/03/01 (Sun) 20:24
最新情報:幸福の科学の成り立ち

ついに明かされた幸福の科学の真実!?

信者の皆さん、休眠信者の皆さん
退会を迷ってる信者の皆さん、朗報です!

もと幹部職員(大川家の家庭教師まで務めた方)
ファルコン氏の最新の告発ですが
ついに幸福の科学の成り立ちが語られました!
ルジェさんのブログに有りましたので転載いたします。


427 名前:ファルコン ◆dviUrYQv1gs7 [antihsfalcon@gmail.com] 投稿日:2015/03/01(日) 09:39:57.60 ID:98bW8yIK [17/18]
3 美星、君が1998年に「幸福の科学にはもっと大変な秘密があるのよ」と言っていたのはこれのことじゃね?

「富山誠仏陀」「善川三郎運営責任者」


幸福の科学は当初 この体制で始める予定でしたが
弟の「大川隆法」が自分こそ仏陀だと主張して 現在の体制になりました。
霊的な話では無く、現実世界での話です。



ということだそうです。
初期の大川が本物で堕落していったとか
ぜんぶ嘘になるでしょう(笑)
最初からインチキだったのです!!!!
私たちはインチキ教祖と教団に騙されていたのです。

休眠活動問わず信者の皆さん、
こんなインチキ教団から一日も早く見切りをつけてください。
私も長年活動信者として騙され続けていましたから皆さんの気持ちは
痛いほど解ります。しかしだからこそ
こうして真実を語り続けることが私の義務であります。
どうか、皆さん教団の真実を知って自分の頭で考え
判断してください!!

スポンサーサイト

<< 幸福の科学信者は奴隷だ! | ホーム | 大川隆法と故景山民夫氏 >>

コメント

すごい情報がきましたね!

久々のファルコンさん、嬉しいですよね(笑)
しかも今回もまた衝撃的な内容ですし…。
大川の父は、タカシではなく兄の方を仏陀に
するつもりだったとは…。それをタカシが
「やだやだ~!ボクが仏陀やるの~!!」って
駄々こねたんだね~(笑)本当にタカシはどうしよう
もないね(苦笑)

Re: すごい情報がきましたね!

みろさん

続いてますねファルコン告発。
これが新たな退会者を
出してくれるといいのですが・・・

そのためにも
告発を掲載したいです~

お兄さんが主体だったら…

お兄さんが幸福の科学の主体だったら違ってた感じがします
人生の大学院を目標に正しい心の探求を重点に置いてたんじゃないかな

派手な演出もなかったかもね
『時代は今、幸福の科学』なんて飛行船を頻繁に飛ばさない
紀尾井町の家賃が高い所を借りない
東京ドームで講演会をやらない
ドーム講演やったとしても似合わない金色の王子様コスプレをしない
北島三郎を意識したような龍に乗って出て来ない
高額な布施の強要もなくお金のかからない真理団体だったかも
ただ仏陀って位置付けされちゃうと金の匂いに誘われ変な取り巻きが増え今と似たり寄ったりになった可能性ももちろんあり得るけどね

長くてすんまへん

どんきーはん

わても今回のファルコンはんの告発、「当初は富山誠を仏陀としてデビューさせる予定だった」を読んで、えろおナットクしたんですわ。

これが事実かどおかは正直わかりまへん。ホンでも初期の教えと最近の教えはまったく違うゆうんは事実だす。『法シリーズ』を読んどってもスケールの大きさとか思想性を感じるのは3作目の『永遠の法』まで。4作目以降はレベルがグッと落ちて大川の人生論・経営論っぽいハナシになるんだす。特に10作目、『神秘の法』は単なる幽霊話で「これのどこに“心の教え”があるんか?」思おてました。

 1.『太陽の法-エル・カンターレへの道』
 2.『黄金の法-エル・カンターレの歴史観』
 3.『永遠の法-エル・カンターレの世界観』
 4.『繁栄の法-未来をつくる新パラダイム』
 5.『奇跡の法-人類再生の原理』
 6.『常勝の法-人生の勝負に勝つ成功法則』
 7.『大悟の法(たいごのほう)-常に仏陀と共に歩め』
 8.『幸福の法-人間を幸福にする四つの原理』
 9.『成功の法-真のエリートを目指して』
10.『神秘の法-次元の壁を超えて』
11.『希望の法-光は、ここにある』
      (以下省略)

「富山仏陀案」の真偽は別として、

・ 初期の教義は善川&富山によって練られた。
・ 大川はそれに乗ってデビューしたが、「自分が上」とゆう不満があった。
・ それゆえ善川&富山を教団中枢から遠ざけた(これは事実)。
・ 元々宗教的知識が乏しい大川だったが、
 未発表の善川&富山資料を使ってエル・カンターレを演じていた。
・ 資料を全部使い切ると、すべて自分の思想で語るしかなくなる。
・ 「私はエル・カンターレだ。私は偉い。私に帰依せよ!」しか言えない。

こんな流れであるコトは間違いおまへん。コーフク本の熱烈読者やったわてが感じた教義の変りようもセツメイでけます。

わては初期教義の、「エル・カンターレは9次元霊であり地球の責任者のひとりではあるが、その上の10次元霊になるべく修行しとる存在でもあるから必ずしも完璧とは言えない。神とは言えやはり試行錯誤で人類を指導しているのだから宗教戦争を解決でけんコトもある」ゆう考え方が大好きやったんだす。

「そおか、神はんでも地球全体の問題になると四苦八苦しとるんか?ほならわてかて人生で四苦八苦しても当然やな?神はんかて悩んで頑張っとるんやったら、わてかて頑張らなアカンわな!」ゆう受け止め方やったんだす。

それが今では「私はエル・カンターレ。私は宇宙を創造した存在。私は全知全能。私のゆう通りにすればすべてウマく行く!」ですやろ? 結局、わてやどんきーはんは「善川・富山教義」に共感しとったんでっしゃろな?

Re: お兄さんが主体だったら…

ユズさん

お兄さんがやってたら
もしかしたら、本当にいい宗教になっていたかもしれないですね(笑)

でもきっとタカシも最初はもう少し謙虚だったかも・・・。
いや、のっとったんだからそんなことないか(笑)

お兄さんも所詮、タカシと同じ血を引いてるから
もしかしたら・・・(笑)

とにかく今のタカシの霊言が
下劣だという疑問が解けましたね(笑)
あとは脱会者が増えるのを期待して・・・

Re: 長くてすんまへん

使者さん

本当にタカシは富山&善川のシナリオに乗っかっただけとしか思えませんよね(笑)
そうそう
私も初期の太陽の法三部作は何度も読んでました。
で、映画「永遠の法」を見て????と思ったのを思い出しました。
ロボットみたいなのが出てきて「えいやー」って
何か品がないというか(笑)
あの映画1回しか観なかったんです。グルグルしませんでしたwww
三部作以降の法は、なんか物足りなさと
薄っぺらさを感じていたと思います。

あの三部作が誠&三郎によるものだとすると
納得ですね。
本当に誠&三郎の法を信じて20年間活動していたんだと
今思うと笑うしかないですwww

なんか今残ってる信者を思うと・・・悲しくなってきました・・・。



> どんきーはん
>
> わても今回のファルコンはんの告発、「当初は富山誠を仏陀としてデビューさせる予定だった」を読んで、えろおナットクしたんですわ。
>
> これが事実かどおかは正直わかりまへん。ホンでも初期の教えと最近の教えはまったく違うゆうんは事実だす。『法シリーズ』を読んどってもスケールの大きさとか思想性を感じるのは3作目の『永遠の法』まで。4作目以降はレベルがグッと落ちて大川の人生論・経営論っぽいハナシになるんだす。特に10作目、『神秘の法』は単なる幽霊話で「これのどこに“心の教え”があるんか?」思おてました。
>
>  1.『太陽の法-エル・カンターレへの道』
>  2.『黄金の法-エル・カンターレの歴史観』
>  3.『永遠の法-エル・カンターレの世界観』
>  4.『繁栄の法-未来をつくる新パラダイム』
>  5.『奇跡の法-人類再生の原理』
>  6.『常勝の法-人生の勝負に勝つ成功法則』
>  7.『大悟の法(たいごのほう)-常に仏陀と共に歩め』
>  8.『幸福の法-人間を幸福にする四つの原理』
>  9.『成功の法-真のエリートを目指して』
> 10.『神秘の法-次元の壁を超えて』
> 11.『希望の法-光は、ここにある』
>       (以下省略)
>
> 「富山仏陀案」の真偽は別として、
>
> ・ 初期の教義は善川&富山によって練られた。
> ・ 大川はそれに乗ってデビューしたが、「自分が上」とゆう不満があった。
> ・ それゆえ善川&富山を教団中枢から遠ざけた(これは事実)。
> ・ 元々宗教的知識が乏しい大川だったが、
>  未発表の善川&富山資料を使ってエル・カンターレを演じていた。
> ・ 資料を全部使い切ると、すべて自分の思想で語るしかなくなる。
> ・ 「私はエル・カンターレだ。私は偉い。私に帰依せよ!」しか言えない。
>
> こんな流れであるコトは間違いおまへん。コーフク本の熱烈読者やったわてが感じた教義の変りようもセツメイでけます。
>
> わては初期教義の、「エル・カンターレは9次元霊であり地球の責任者のひとりではあるが、その上の10次元霊になるべく修行しとる存在でもあるから必ずしも完璧とは言えない。神とは言えやはり試行錯誤で人類を指導しているのだから宗教戦争を解決でけんコトもある」ゆう考え方が大好きやったんだす。
>
> 「そおか、神はんでも地球全体の問題になると四苦八苦しとるんか?ほならわてかて人生で四苦八苦しても当然やな?神はんかて悩んで頑張っとるんやったら、わてかて頑張らなアカンわな!」ゆう受け止め方やったんだす。
>
> それが今では「私はエル・カンターレ。私は宇宙を創造した存在。私は全知全能。私のゆう通りにすればすべてウマく行く!」ですやろ? 結局、わてやどんきーはんは「善川・富山教義」に共感しとったんでっしゃろな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。